Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

初雪。


主人が月曜に休みを取ったので、今週末は4連休。 

ところが、夫婦二人とも風邪を引き、病院に行ったり、
麺類中心の食事となったりして、散々でした。
(インフルエンザではなく、不幸中の幸いでしたが。)

折からの冷え込みで、昨晩は初雪。
我が家の周辺では、今日のお昼頃でも少し雪が残っていました。

寒暖の差をゆっくり埋めながら、
日一日、冬へと近付いてくんでしょうね。

comments(0) : -

食欲の秋、始まっています。

軽井沢は、もうすっかり秋の気配です。

朝晩はもちろん、昼間も結構涼しい。
庭のもみじは、すこーしだけ紅葉が始まっています。


でも、葉脈はうっすら緑が残っていますね。不思議。


森を歩くと、あちこちでアザミが咲いています。


キノコも生えていました。
これって、食べられるんでしょうか??


道端に落ちていた小さな栗。
主人の掌の上だと、ますます小さく見えます。
まるで和菓子のような、毬藻のような・・・。

ツルヤ(軽井沢の胃袋を支える巨大スーパー)の店頭には、
キノコ、ブドウ、梨がズラリと並んでいました。
連休中は、キノコ鍋やもつ煮、クリームシチューなんかを作りました。
鍋料理や煮物がおいしい季節になり、ここ数日、どうも食べ過ぎ。

食欲の秋、始まっています。

comments(2) : -

「ハルニレテラス」に行ってきました。

オープン後、はじめてのハルニレテラス。


お盆休み明けの夕方とあって、混雑は少し緩和されたと思いますが、
それでも駐車場はほぼ満車です。
オープンしてから約一ヶ月。にもかかわらず、既にすごい集客力です。
(オープン直前の様子はこちら。)

テラス内を散歩しながら撮ったお店をいくつか。

「ベーカリー&レストラン 沢村」。
左側がベーカリーで、右側がレストランです。
カフェラテがおいしかったのが印象的でした。

菓子処の「和泉屋 傳兵衛」。
和菓子もあれば、ケーキも売っています。
お土産を買うのに、ちょうど良さそう。

お役立ちになりそうなのが「フレンチデリ&ワイン CERCLE」。
マリネやテリーヌなどのお総菜は、みんなおいしそうでした。
オシャレな食材を買うにはいいですね。
(ただし、お値段はちょっとお高めです。)

軽井沢で珈琲と言えば、「丸山珈琲」です。
ハルニレテラスには、ブックカフェを併設しての出店。
カフェスペースが一番賑わっていたのは、ここだと思います。

じゃ、ブックカフェは?・・・となると。
うーん、なんか、ビミョーなラインナップでしたね。
アウトドア、建築や美術、白洲正子、絵本などなど、
わりと「軽井沢っぽい」本が並んでいるのですが、
それが「いかにも」過ぎて、目新しさが希薄な感じ。
国道沿いにある平安堂の料理本やワイン本コーナーくらい
マニアックな棚でもいいんじゃないでしょうかね。

人気のジェラート屋さん、「Pure Milk Gelato Nagai Farm」。
これを食べようと思って出かけたのですが、夕方は結構涼しくて、
今回は断念・・・。

一通り見て回ってから、湯川沿いを散歩して帰ってきました。

ハルニレテラスだけでなく、「トンボの湯」や「村民食堂」の方も
賑わっていましたよ〜。

星野の集客力、恐るべし、です。

comments(2) : -

盛夏の候、浅間山。


ここのところ、ずっとお天気に恵まれています。

夏の浅間山。
青空をバックにすると、噴煙が少し出ているのが分かります。
緑の裾野が広がり、茶色の地肌が夏らしいですね〜。

でも、風はすこーし秋の気配。
お盆が終われば、季節が変わっていくんでしょうね。

comments(0) : -

キラキラと輝く日差しの下で。


昨日今日と、お天気続きの軽井沢。

それまでの曇天が嘘のような、まぶしい日差し。
近所の森を散歩していたら、じわじわ汗をかきました。
避暑に来ているとは言え、日中はこのくらい暑い方がいいですね。
(でも、標高が高いので、紫外線には要注意です。)

森の中では、あちこちで花が咲いています。

ふと足を止めれば、虫たちがたくさん。
テントウムシ。寄って撮ってみました。

花の名前は不明。紫の大きなお花。
蜜を目当てに、蝶や蜂たちが集まっていました。

軽井沢の短い夏を、人も虫も鳥も植物も、みんなが満喫中です。

comments(2) : -

星野の「ハルニレテラス」、明日オープン


星野エリアに新しくできるモール、「ハルニレテラス」。
いよいよ明日AM10:00にオープンです。

Upするのがすっかり遅くなってしまったのですが、
先週、ちらっと見てきたオープン前の様子をお知らせします。



ハルニレテラスは、湯川沿いにあります。
こちらは、下流の方のエントランス。駐車場もありました。
まだビニールがかかっていますね。


テラス内部の様子。
一部のお店では、準備中のスタッフの方を見かけました。


こちらも内部の様子。

全体的にテイストが同じ建物なので、(要は村民食堂っぽい)
どれがどれだか分からなくなってしまいました・・・。
オープンしたら、また違った風景になると思います。


これは、たしかイタリアンか丸山珈琲・・・。
(間違ってたら、ごめんなさい。)


テラス内の案内板もできあがっていました。
これを見ると、湯川沿いに動線が作られていることが分かります。

ハルニレテラスを独立した買い物ゾーンにせず、
村民食堂やトンボの湯と有機的に結び付けているのが好印象。
こうやってみると、主役は湯川なのですな。



案内板のショップやレストランの名前、ご覧になれますでしょうか。

個人的には、川上庵と丸山珈琲が近所になって、本当に嬉しいです。
夏場や連休は相当混むでしょうから、長めの散歩を楽しむつもりで、
家からのんびり歩いていけばいいかな〜、と思ったりしています。


※上の画像が見にくい方は以下をどうぞ。(星野のHPから引用)

<店舗のご紹介>

レストラン

  • イタリアン イル・ソーニョ
  • 蕎麦屋 川上庵
  • 中国家庭料理 希須林
  • ベーカリー&レストラン 沢村

カフェ&フード

  • 菓子処 和泉屋 傳兵衛
  • フレンチデリ&ワイン CERCLE
  • ジェラート Pure Milk Gelato Nagai Farm
  • カフェ&ブックス 丸山珈琲

インテリア&デザイン

  • アート&クラフトギャラリー Artist Selection Gallery Flashpoint
  • 木製品専門店 我蘭憧
  • インテリア雑貨 Seringa/セリンガ
  • 北欧雑貨 NATUR 

サービス

  • ビューティーケアサロン Ciel
  • ヒーリングマッサージ 常世Tocoyo

comments(2) : -

曇天の矢ヶ崎公園



GW後半の軽井沢は、曇りか雨という冴えないお天気でした。

写真は、4日の夕刻、矢ヶ崎公園から離山を見たところ。
池を跨ぐようににかかる長さ160mの木造陸橋の上から、
水蒸気たっぷりの水墨画めいた風景をしばし楽しみました。

なんだか、雨の匂いを感じます。

コンサートが終わると、予想通り強い雨が降っていました。

comments(0) : -

山菜ざんまい。

春らしく、軽井沢での晩ご飯は山菜が多くなりました。
つい先日も、ツルヤでいろいろな種類を大量購入。


手前のボールに入っているのは、全部こごみ。
ガラスのお皿の方は、ふきのとう、たらの芽、こしあぶら、うど。

こごみをゴマ和えにした他は、全部天ぷらにして食べました!
何とも言えない、香りと苦み。春の味覚です。
軽井沢で買うと安いし、お財布の紐がゆるみます。

せっかくなので、天ぷらにする前に接写。


ふきのとう。小さな花がたくさん詰まっているのが分かります。
香りがとっても良かったです。


大好物のこごみ。
まだ鱗片を取っていない状態です。
大好きな音楽をかけて、友達とリビングでおしゃべりしながら、
鱗片を取る午後・・・なんてのは至福の時間です。

葉がぎゅっと巻かれているので、独特の歯ごたえが楽しい山菜。


むむむ。
これは、たらの芽かな? 
新芽の先端が赤くて、山菜の中で唯一色彩感がありました。
繊毛(?)がびっしり生えていて、生命感もありますね。

その日の晩ご飯は、揚げているそばからどんどんなくなり、
すぐに売切御免でした。

comments(0) : -

浅間山の噴火、その後。

浅間山の噴火に関して、続報です。

FM軽井沢のブログが詳しいので、そのまま引用させていただきますと。
昨日小規模噴火した浅間山について、気象庁は今日午前、軽井沢町で記者会見を
行い、山の傾斜変化や地震の活動がほとんど認められなくなっているものの、
依然、活動は活発な状態が続き、噴火は今後も起きる可能性があるとして警戒を
呼びかけるとともに、噴火は切迫した状態ではないとして、浅間〜白根火ルート、
白糸ハイランドウェイの通行止めは解除となりました。

気象庁が今日午前9時半に発表した浅間山の活動情報によりますと、
昨日午前1時51分に小規模な噴火が発生した後、噴火が切迫していることを
示す山腹に設置した傾斜計のデータにほとんど変化が見られなくなっていると
説明しました。
また火山性地震の回数も昨日の93回から今朝は27回まで減少しており、
噴火の可能性を示すBH型地震の割合も減少しているということです。
気象庁では今後、天候の回復を待って、二酸化硫黄についての調査などを
行いたいとしています。(以下略)

レベル3は継続のようですが、一旦落ち着いたようですね。
今のところ降灰の被害がある程度で、日常生活に大きな影響はなさそうです。

今回は大事に至らず、私の周囲は比較的落ち着いていた感じですが、
軽井沢に家を建ててから、自然との向き合い方については、
いろいろ考えさせられます。

思い起こせば、2004年の噴火時は、ちょうど我が家の着工の時期と
ぶつかっていました。主人は悩んだ末、着工の見送りを決断しました。
(結局、着工は2006年。構想から3年たち、本当に完成するのか?との
疑念から「中軽のサグラダ・ファミリア」と一部で呼ばれたのはこの頃か。)
また、2007年9月の台風9号も大きな爪痕を残しました。
落葉松って、こんなに簡単に倒れるんだ・・・と驚きの連続でしたが、
地元の方も「こんなの初めて」とおっしゃる方が多かったですね。
倒木や冠水、浸水はもちろん、一部地域では数日間にわたる停電など、
復旧までに相当な時間がかかったので、東京でヤキモキしたことを
よく覚えています。

普段からの準備、管理会社や地元の知人との連携、情報収集など、
大事だなぁと改めて思った次第です。

comments(2) : -

浅間山が小規模噴火。気象庁機動調査班も浅間山へ

昨日、噴火警報レベルが「3」に引き上げられたと思っていたら、
気象庁より、2日の午前1時51分頃に浅間山が噴火したとの発表です。

噴煙の高さは、約2000メートル。
今のところ大きな被害はないようですが、火口から約1キロの範囲で
噴石が飛び散った様子が確認されました。

軽井沢だけでなく、都内で降灰が確認されたためでしょうか、
今朝は各局ともこのニュースを大きく取り上げていました。
CXあたりでは、軽井沢警察署からの中継があったり、
スーパーのマツヤ前でインタビューが行われたり、
マスクをして登校する小学生の姿など、いろいろでした。

我が家について言えば、ちょうど管理会社が見に行ってくれる日で、
何か大きな問題があれば、連絡してもらえるようになっています。
(唯一心配なのは、餌台にやってくる野鳥たちでしょうかね・・・)

FM軽井沢のブログによると、この噴火を受けて、
昨日から調査のために軽井沢に入った気象庁機動調査班も浅間山へ
調査に赴いたほか、午前9時半から長野県のヘリコプターを使い、
上空からの観測を行ったそうです。
気象庁では、これらの観測結果等をまとめて午後に会見を行う予定。
続報を待ちたいと思います。

comments(0) : -