Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

豊崎由美さんのクリエイティブ・ライティング特講



今日もお天気は不安定。
お昼頃、パラパラと細かい雨が降っていました。
雲が動く、動く。



文学賞メッタ斬りコンビのお一人、豊崎由美さんの授業の告知発見。
クリエイティブ・ライティングの特講です。



コースの課題図書リスト。
かなりの量ですが、タイトルを見ると納得のチョイスです。
これは読まねばならんでしょう、文章を書く仕事をするんなら。
(と言っても、私は半分くらいしか読んだことないなあ・・・)

いいなー、通学部の学生さん。と思っていたら、
通信教育部にも来年「文芸コース」が新設されるみたいです。
通学部で蓄積したノウハウを通信の方に横展開するのでしょう。
科目のいくつかが学部共通科目か芸術学科専門科目になったらなあ、と
今からとても期待しています。


comments(0) : -

晩夏。京都にも秋の気配



アサダアキラ アカデミアの予告チラシ。
10代半ばに「逃走論」ブームを体験した世代としては、
行けたら行きたいなあ。

それはそうと。
私にとって最後の「夏のスクーリング」が今日から始まりました。
昨日京都入りしたのですが、ホテルの部屋の隣に自販機があり、
その音が低く響いて、昨晩はよく眠れませんでした。
今年に入ってから左耳の調子が悪いこともあり、気になります。

京都は午後から霧雨で、夕方にはすっかり本降りでした。
気温は低く、風の涼しさに秋の気配がまじります。
8月下旬の月曜とあって、5番系統のバスですら空いていて、
窓を打つ雨粒が、クルマのヘッドライトに反射するのを見ると、
何だか、シンとした気持ちになります。

晩御飯はちょっと奮発。高島屋でお寿司を買いました。
これを食べて、今日は早く寝ます。

comments(0) : -

秋元康副学長プレゼンツのオープンキャンパス



今日は、構内にたくさんの高校生をみかけました。
体験入学みたいですね。

でも、来週のイベントはもっとすごい。
秋元康副学長の用意した夏の企画、受験生向けのオープンキャンパス
「入試対策講座から特別企画まで、内容盛りだくさん」だそうです。

全体説明会や見学ツアーなど普通の企画もありますが、
スゴいのはトークショー。
「夢のかなえ方、教えます。」というテーマで、
3日連続の特別講演が行われます。

■8月1日(金)
15時00分〜17時00分
 リリー・フランキー×村上隆×秋元康

■8月2日(土)
15時00分〜17時00分
 布袋寅泰×片岡鶴太郎×秋元康

■8月3日(日)
14時00分開場 14時30分〜15時30分
 AKB48ライブ
16時30分〜18時30分
 茂木健一郎×和田秀樹×サプライズゲスト×秋元康

スゴい豪華メンバーですねぇ。東京でもこんな大学ないと思います。
3日間、楽しそうだなー。(競争率も高そうだけど。)

と、若者を羨ましく思いつつ、授業が終わったら私の足は図書館へ。
地元の図書館にはない本がたくさんあって、本当は何時間でも居たい。
スクーリングは明日で終わり。閉館時間まで集中、集中。

comments(0) : -

ガッコでくつろぐ猫たち

お昼を食べに食堂へ向かっている途中、
望天館の日陰でくつろぐ猫たちを見かけました。


学生が通りかかっても、全く動じません。

自分の家みたいにくつろいでいます。

仲良しです。

望天館の屋根の向うに、むくむくと白い雲。今日も暑かったです。

これまでも構内で何度か見かけた猫たち。
野良猫なんでしょうが、居着いているんでしょうかね。

※授業の様子は子サイトで。→こちら

comments(0) : -

来週から、夏のスクーリング開始

昨日は、祇園祭の山鉾巡行でしたね。
四条烏丸あたりはにぎやかだったんだろうなぁと思います。

私の方は、宵山から遅れること一週間、来週半ばから京都です。
大学のスクーリングは、8月末までに都合3回行く予定。
暑いのが死ぬほど苦手なのに、酷暑の京都に行くのは自殺行為ですが、
スクーリングの大半がこの時期に開催されるので、如何ともしがたく。
ここで単位を稼いでおかないと、後がキツいですしね。

しかし、レポートの方はいい感じに煮詰まり中。→詳しくはこちら

他の科目もあるし、スクーリング前に片付けないとやばいです。
これで3連休がつぶれるなあ・・・

comments(0) : -

学校周辺のカフェ

スクーリング初日、学生食堂が結構な混雑だったので、
2日目からは近辺にあるカフェに行ってみました。
(天下一品の総本店に行くべきだったかもしれないけど。)

たぶん一番学校に近いお店、「そうげんカフェ」。

入口の植え込みからして、いい雰囲気。かわいいです。

店内は緑が多く、落ち着きます。こういうお店、長居したくなりますね。

スープのセットを頼みました。パンもおいしかったです(確か有名なお店)。


2軒目はこちら、「プリンツ」。
カフェだけでなく、ギャラリー、本とCDのセレクトショップ、ガーデン、
さらに宿泊施設まで備えたお店です。
京都のアート系カフェでは最も有名どころの一つではないでしょうか。

白いキューブが二つ並んでいる外観。

キューブ間の隙間が入口になっています。

店内は、シンプルでスタイリッシュ。
うちのダンナ、こういうお店、好きそうだなぁ。


どちらも昼休みに行ったのですが、プリンツの方は学校から距離がある分、
慌ただしい往復となってしまいました。
お料理も比較的ゆっくり出るので、残り時間の計算は必須。
そういう意味では、ちょっと勿体なかったです。

そうげんカフェは、席さえ空いていれば一番無難な選択。
お料理もおいしいし、まとめて出てくるので、らくちんです。

comments(0) : -

ここにラーメンを流さないように。

この週末、初めてスクーリングに参加しました。
科目は日本美術史。
朝9時から夕方4時半まで、みっちり彫刻史を勉強します。

校内の風景をいくつか。

おなじみ、KUADの表玄関である人間館。

人間館の1階。掲示板やカフェがあります。

スクーリングの教室入口。

ギャルリ・オーブ。
『〈エコール・ド・イシモト〉石本正が選んだ画家たち―心で描いた日本画展』です。

ところで、授業と全く関係ありませんが・・・
廊下の隅に、流しがあるんですね。
きっと絵画のコースの皆さんが絵具を洗ったりするんでしょう。
こういうのって、とっても学校っぽいインフラ。


で、何? この張り紙。

そうだなー、気持ちは分かるよ、気持ちは。
っていうか、「ラーメンズ」は流れないから!(笑)


久しぶりに大学で授業を受けるので、何だか、いちいち新鮮でした。
コンクリ打ちっ放しの校舎って、最初に卒業した大学と雰囲気が似ていて、
ちょっと懐かしい気持ちもしたし。
日本の彫刻史も楽しかったー。仏像を見るのが一段と面白くなりそうです。
※授業の様子は、こちらから。


授業が終わって。
帰り際、カメラを向けたら、垂れ幕が風をはらんで揺れてくれました。


来月のスクーリングもがんばる!

comments(2) : -

新しいブログをスタート

今年から京都造形芸術大学(KUAD)の2年生に編入したので、
別のブログを立てることにしました。

おそらくそちらは、大学生活や課題、スクーリング、試験に関する
細かい話かつマニアックな内容が多くなりそうです。
自分のための記録として、Webを活用していきたいと思います。

ご関心のあるかたは、宜しければこちらもご愛顧ください。

comments(0) : -

春の京都旅行〜京都造形芸術大学の入学式〜

趣味が高じて、今年から京都造形芸術大学(KUAD)通信教育部の芸術学部芸術学科・
歴史遺産コース2年生に編入することになりました。

京都旅行の2日目は、その入学式の日でした。

KUADの顔、瓜生館と天心館。

メインの校舎、人間館。入学式の立て看板も出ていました。

瓜生山からの景色。

直心館の講堂。ここで入学式が行われました。

入学式では、日本画家でもある千住博学長、最近京大を退官して大学院長に
着任したばかりの浅田彰さんが式辞を述べられました。
千住学長は「芸術とは何か」について熱く語り、他方、浅田さんは理論派らしく
「グローバリゼーションが進む現代で、芸術はどのような役割を果たすべきか」
といったお話を「グラドゥス・アド・パルナッスム」を引用しながら
スピーチされていました。

最後に、徳山理事長の歓迎の辞。
社会に出た後に学び直すことの意味、通信教育に対する思いなどのお話は、
「教育」が持つ社会的な役割の重たさを改めて感じました。
ふと我に返ると、20年以上前(そんな昔か!)の自分はどうだったか。
たぶん、大学の入学式で「学長や理事長の話なんて早く終わってくれたら
いいのになぁ」などと思いながらパイプ椅子に座っていたことでしょう。

豪華メンバーの熱いスピーチに、ただただ呆気にとられた一日でした。
(その代わり、式はかなり押しました。後が大変だった・・・)


新しくできた至誠館。設計は隈研吾さん。

濃厚な入学式が終わり、慌ててランチ。ふわふわオムライスは人気メニューでした。

通学部の掲示板。張り紙やポスターがにぎやか!アート系の大学なんだなーと実感。


と、まあ、こんな調子で無事に入学式、各種ガイダンスが終わりました。

ダブルスクールやら通信教育やら、これまで何度もやってきましたが、
見るもの聞くもの「初めて尽くし」の分野なので、とにかく新鮮。
でも、通信教育だけに、好奇心や探究心がないと続かなくなりそう。
スクーリングをいっぱい取って、頑張って京都通いをしようと思います。

comments(3) : -