Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

『観世華雪芸談』と一枚のハガキ。

先日、神保町に行ってきました。
今回も能関係の本をいくつか買い求めました。

そのうちの一つが『観世華雪芸談』。


「観世華雪」は6世観世銕之丞さんが隠居後に使ったお名前。

匂い立つような鉄仙。
その背後にあるのは、観世水でしょうか。
戦後を代表する名人に相応しい、美しい装丁です。
以前、近現代の能楽史に詳しい方から勧められ、
ずっと欲しいと思っていました。

ということで喜んで買ってきたのですが、若干の後日談(?)。

最初の持ち主の方は、関係者の方から謹呈を受けたようで、
出版元の檜書店がその方宛に出したハガキが挟んでありました。
ハガキの内容は、本文に関する正誤表。
私信ではなかったので、本に挟んだままにしてくださったようです。

興味本位で宛名にあるお名前をぐぐってみると、
どうやら、非常に著名なある日本画家のお身内のようでした。
「確かに、能を題材にした作品があったなぁ・・・」と思い至り、
手にした本の来し方を、あれこれと想像してしまいました。

5円切手が貼られた一枚のハガキ。

古本というのは、時折、本としての存在価値とは別に、
ある種の物語を孕みながら、人の手を渡っていくのだなあと、
ちょっと感慨深い気持ちになりました。

comments(0) : -

氷の欠片


本日の軽井沢は、朝から青空が広がりました。

先日降った冷たい雨のせいで、庭の落葉松は樹氷のようです。
陽光でだいぶ溶けましたが、氷の欠片が落ちるたびにキラキラと輝き、
青空がいっそう眩しく感じられました。

欠片が風に飛び、屋根に当たると、硝子のような音がします。
クリスタルの雨。なんとも言えない、涼しげな音色です。


さて、木にくっついた氷。拡大するとこんな感じです。

・・・まだ分かりにくいですね。


ということで、玄関先のドウダンツツジ。

冷たい雨が凍った後、少し溶けてしまって、まるで水飴です。(笑)
木々を彩る、不定形のデコレーション。
気温と風のしわざで、こんな形になるのでしょうか。


軽井沢に春がやってくるまで、あと一ヶ月くらい。
冬と春の間を行ったり来たりしながら、少しずつ季節が変わります。
魔のGWまで、その歩みをじっくり楽しみたいと思います。


comments(2) : -

気分転換。


写真は、昨年の今頃撮った金沢・尾山神社の桜。
今年は開花宣言したにもかかわらず、花冷えが続きそうですね。
気分だけでも春らしく・・・

気分転換にテンプレートを変えてみました。
ついでに、久々にリコメンドも変更。
あと、フォントサイズが小さいと「・・・読みにくいなあ」と感じる
年頃になってきましたので、CSSを若干いじらせていただき、
エントリーの字は少し大きめに。

最近、軸足をTwitterに置きがちになっていますが、
まとまった文章を書くのは、やはりブログでないと難しいです。
学校の論文が落ち着いたら、またあれこれ書きたいと思います。

comments(6) : -

目黒川の桜

 

ご無沙汰しております。約一ヶ月ぶりの更新です。

こちらは目黒川の桜。
開花までまだ日がありそうですが、蕾の様子からは
内なる生命感がみなぎっているのが分かります。


冬から春へと、いつのまにか季節が変わっていました。

comments(2) : -

バレンタイン@軽井沢

週末、軽井沢に行ったら、矢ケ崎公園でバレンタインの
イベントがいろいろあるとのこと。

そのうち花火大会を見てきました。


バレンタインらしく、赤い花火。


こんな花火も。
ピンぼけしてますが、雰囲気だけでも伝われば・・・


これはラストの方。
高く昇っていく光の柱がきれいでした。

見ている間は、寒さも忘れてしまいます。
思ったより本格的な花火大会で、なかなか良かったです。


さてさて、肝心のチョコレート。
今年は、中村藤吉本店の「一松ぼっくす」にしました。


桐の箱を開けると・・・


東福寺の方丈庭園を思わせる、市松模様のシンプルなチョコレート。
抹茶とほうじ茶の風味があって、和のテイストもなかなか良いもんだなあ、と
思いました。

(しかし、毎年、自分が食べることを前提としてますね・・・)

comments(2) : -

神保町で古本屋さんめぐり。

久々に、神保町に行ってまいりました。

先日NHKの「ブラタモリ」で取り上げられていたのと、
ある本屋さんで買いたい本があったため。

小雨が降っており、出かけるには寒い祝日となりましたが、 
靖国神社が近いとあって、神保町界隈は機動隊がいっぱい。
これも、ある意味、建国記念日恒例でしょうか。


書泉グランデには、「ちはやふる」の巨大ポスター(パネルかな?)。
でっかーい!
千早が取ろうとしている札、ちゃんと在原業平です。


すずらん通りにあるおしゃれな古本屋さんです。
美術や江戸関係の本を見てきました。

あと、一誠堂書店さんや手塚書房さんをのぞいてきました。


今日は、手塚書房さんで10冊近く買ってきたんですが、
最大の成果は、喜多流の能楽師・故喜多実先生の芸談です。
初めて読んで以来、ずっと状態の良いものを探していて、
ついに買えた!という感じでした。新品同様で大満足。

他の本もコンディションが良く、良心的なお値段でした。
定期的にお邪魔して、店長さんと仲良くなりたいお店です。


今日は、すずらん通りを中心に歩いていたので・・・


ランチは「スヰートポーヅ」で餃子定食。
こちらも久々で、美味しかったです。


最後に、おまけ。


地下鉄の駅入口にある「グルグル」!
ピンとくるのは、一部の方でしょうかね。(笑)

喫茶店「さぼうる」近くの入口は、何度も使っているはずなのに、
ちゃんと見たのは今日が初めてでした。


comments(2) : -

鞆の浦みやげ。

先週末、夫が一人旅を楽しんできました。

場所は、広島県福山市の鞆の浦。
ジブリファンなら、ピンと来る地名でしょうか。
宮崎駿監督が映画「崖の上のポニョ」の構想を練るため、
2ヶ月間も滞在したことで知られている場所です。

江戸時代には、朝鮮通信使の寄港地となり、
景色の素晴らしさを絶賛された記録が残っています。

そのような景勝地で、夫は一人旅を存分に楽しんだ様子。
多少の罪悪感からか(?)、今回はお土産がたくさん!


左列:ホタルイカの沖漬け、お塩
中央:黒田蒲鉾店※の蒲鉾、小鯛のみりん干し、廣榮堂※のきび大福
右列:入江豊三郎本店の十六味保命酒、十六味保命酒ののど飴

※印は倉敷のお土産です。

並べてみると・・・食べ物・飲み物ばかりですね。(汗)


気に入っているのは、入江豊三郎本店の十六味保命酒ののど飴。

お酒と同じラベルが印刷されたパッケージ、かわいいです。
左三つ巴を間にして「相傳」「神秘」って書いてあるのも古風な感じ。

しかし、瀬戸内海をバックに松の下で休んでる人。
一体、誰なんでしょうか??

comments(2) : -

我が家の節分。


本日は節分。

国立能楽堂で能「朝長」を見た帰り道、
鳩森八幡神社に寄ったら、ちらほらと梅が咲いていました。
鳥居には、19時から追儺式、その後は豆まき、
甘酒のお振る舞いという案内。節分らしいですね。

我が家は、恵方巻を食べたり、柊鰯を戸口に挿すこともなく、
「巻物つながり」(?)でロールケーキを買ってきました。

こちら、はらロール

はらロールは、いろんな種類があるので、一本まるまる買わないで、
単品買いしてきました。


左から、ごま、紅茶、抹茶、竹炭。


豆は、京都夷川の豆政さんのものを用意しました。

先程、豆まきも無事に終了。
さ、一年の厄除けを願って、豆を食べますよ〜。

comments(2) : -

カーリング初体験。

今週末、カーリング体験教室に参加してきました。


全く初めての人、数回やったことがある人、いろいろでした。
私とダンナは初心者中心の組に参加。

ストーンを投げるデリバリー
ブラシを使ってリンクをこするスウィーピング
ミニゲームでカーリング競技の仕組みや得点方法など、
いろいろ教えてもらいました。

まず、ブラシ片手に、片足だけゴムの靴底(スライダー)をつけて、
歩く練習から。
最初はとにかく、ヨロヨロ!!
TVで見るように、すいすい〜っとは、とても動けません。

それから、デリバリーも難しかったです。
ストーンを持つ前に、投球(?)フォームを教わったのですが、
スライダーをつけてる方の足に体重を載せるので、
滑るし、怖いし、重心は安定しないし、身体がガチガチ。
リラックスするまでが一苦労、という感じです。

楽しかったのは、スウィーピング。
ブラシで氷をこすってると「カーリングだ〜!」と実感できます。
スライダーをつけないので、とりあえず滑らないし。(笑)
でも、数メートルやっただけで、肩で息をしてしまうほどです。
想像以上のハードな競技だということがよく分かりました。

もうすぐオリンピック開幕。
カーリングは、一試合が10エンド2時間半という長丁場の競技ですが、
今回はじっくり楽しみたいと思います。

comments(2) : -

iPhoneで睡眠サイクルを記録。

最近、主人がiPhoneで睡眠サイクルを記録し始めました。

どういうアプリか私はよく分かっていないのですが、
たぶん、これ(Sleep Cycle)でしょうか。 
基本的には、睡眠サイクルを把握して、いかに気持ちよく目を覚ますか、
ということが眼目みたいですね。詳細はこちら


で、記録してみると、主人のサイクルはこんな感じ。
布団に入ってすぐ、いきなり深い眠り。
明け方にかけて浅くなり、夢を見ているのが分かります。
山から山の間隔は、だいたい90分。
わりと一般的な波形なんではないでしょうか。

で、私も記録してもらいました。
一旦寝入った後、何度か浅い眠りを経て、
明け方に、ながーいDeep Sleepへ。

「えらく長いな」と思い、翌日、もう一度記録してみました。
前日より一時間ほど早くDeep Sleepが始まり、
明け方まで、3時間近く昏々と眠っています。
で、7時前後に再び寝始めてるんですよね・・・。
日常的に二度寝してるのか? ちょっとショック。

ある程度データを取らないと、精度は上がらないかもしれませんが、
(私の寝相がかなり悪いというのもあるだろうし)
参考程度に見る分には面白いなぁと思いました。

comments(2) : -