Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 妙に生き生きして見える、石破大臣 : これぞ「へうげもの」読者のための標準テキスト >>

「読みがな」をふったブッシュ大統領の演説草稿

誤って国連のサイトに掲載されてしまったんだそうです。

英語にも「読みがな」があるんですね。
「nuclear」はともかく、確かに人名は間違えると失礼に当たるため、
読みがなを振りたくなる気持ちは分かります。
昨日の組閣人事の発表の際も、「町村さん、よく間違えないなあ」と
思いました。まあ、こちらは官僚の皆さんがちゃんとフリガナを振って、
完璧な原稿を用意されているんでしょう。

それにしても、こういうネタが誤ってサイトにUpされること自体、謎。
大統領の権威を失墜させようとの意図でもあるのでしょうか。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM