Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 「野鳥の森」の春。 : 上野の夜景 >>

神保町での戦利品。

先週、稽古帰りに出かけた神保町。

姉弟子や稽古仲間と一緒に、何軒か古本屋さんをハシゴし、
お茶と買い物を楽しんでまいりました。

今回の戦利品は以下の3つ。


高山本店さんで購入した「船弁慶」の能版画。
描かれているのは、後場のシテである平知盛です。

明治・大正の画家、月岡耕漁の作品。
無惨絵で知られる月岡芳年は師匠であり、義父でもあるそうです。

「船弁慶」なので、前シテの静御前も欲しかったのですが、
残っていたのは鵜飼や土蜘、老女物といった少々地味なものばかり。
鬘物の主人公などはあんまり残っておりませんでした。残念。
(そう考えると「當麻」は買っておけばよかったのか・・・)


ボヘミアンズ・ギルドさんの店頭で山積みになっていた、
古い『日本の美術』。

視界に入った瞬間、座り込んで物色してしまいました。
どれも100円だったので、ごそっと購入。


最後は、『観世寿夫著作集』1・2巻。

手塚書房さんのところに「何か入ってますかー」とうかがったら、
おすすめいただいたのがこれ。つい、買ってしまいました。

4巻まであるので、本当は揃いを買った方がいいのでしょうが、
そうなるとお値段も張ります。私には2冊でちょうどよかったかな。

そんなこんなで、個人的には良いお買い物ができました。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM