Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 気分転換。 : 『観世華雪芸談』と一枚のハガキ。 >>

氷の欠片


本日の軽井沢は、朝から青空が広がりました。

先日降った冷たい雨のせいで、庭の落葉松は樹氷のようです。
陽光でだいぶ溶けましたが、氷の欠片が落ちるたびにキラキラと輝き、
青空がいっそう眩しく感じられました。

欠片が風に飛び、屋根に当たると、硝子のような音がします。
クリスタルの雨。なんとも言えない、涼しげな音色です。


さて、木にくっついた氷。拡大するとこんな感じです。

・・・まだ分かりにくいですね。


ということで、玄関先のドウダンツツジ。

冷たい雨が凍った後、少し溶けてしまって、まるで水飴です。(笑)
木々を彩る、不定形のデコレーション。
気温と風のしわざで、こんな形になるのでしょうか。


軽井沢に春がやってくるまで、あと一ヶ月くらい。
冬と春の間を行ったり来たりしながら、少しずつ季節が変わります。
魔のGWまで、その歩みをじっくり楽しみたいと思います。


comments(2) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by Pippi : 2010/03/30 9:57 PM
☆ともゆきさん

晴れ晴れとした冬空は本当にキレイです。
夜は、星もたくさん見られますし。

昨日降った雪は粉雪でしたね。
なかなか、なごり雪になりそうにありません。ww
Posted by ともゆき : 2010/03/29 7:30 PM
雪景色の晴天はほんと、空気が澄んでいて
気持ちが良いですよねぇ!

軽井沢もそうだと思いますが、都心の雪に
比べて、とても雪が軽いですよね。

すごく綺麗です。

COMMENT FORM