Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 年末年始の浅間山 : すり足でスロトレ。 >>

第142回の芥川賞・直木賞の候補作発表

第142回の芥川賞・直木賞の候補作が発表になりました。
選考会および発表は、1月14日(木)の予定。 

  • 大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(文藝冬号)
  • 羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(文學界12月号)  
  • 藤代 泉「ボーダー&レス」(文藝冬号)
  • 舞城王太郎「ビッチマグネット」(新潮9月号)
  • 松尾スズキ「老人賭博」(文學界8月号)

  • 池井戸潤「鉄の骨」(講談社)   
  • 佐々木譲「廃墟に乞う」(文藝春秋)
  • 白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)
  • 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社) 
  • 葉室 麟「花や散るらん」(文藝春秋)
  • 道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)

候補になった回数を見ると、芥川賞は初回か2度目。
直木賞は、2度目ないし3度目、という状況です。

芥川賞に比べると、直木賞の方は比較的よく読む作家さんが
揃ったなあ、という印象です。
白石さんが久々に候補にあがってるし、道尾さんは大本命、
歴史小説ファンとしては、やはり葉室さんに取ってほしい、
あああ、でも、ここらで佐々木譲さんにあげるべきではないか!!
むぅ。今回はW受賞とか、ありかしら?

ところで、直木賞専門サイトと言えば、「直木賞のすべて」。 
本日の発表を受けて、すでに更新されています。→こちら
毎度のことながら「ハミ出し情報」を楽しく拝見。
それから、もう一つのお約束、大森望さん&豊崎由美さんの
「文学賞メッタ斬り!」コンビの予想も出揃いましたら、
載せたいと思います。

半年に一度の賞レース、楽しみにしてましょう。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM