Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 発表会、その後。 : 東博・日本ギャラリー、【特集陳列】能「紅葉狩」の面と装束 >>

穂村弘『どうして書くの?』

歌人の穂村弘さんの対談集。

お相手は、高橋源一郎さん、川上弘美さん、長嶋有さん、
竹西寛子さんなどの皆さん。

「表現」というテーマに切り込み、対談相手それぞれの視点から、
秘密、本質をちらり種明かししてくれる一冊になっています。

特に、一青窈さんとの対談はなかなか秀逸でした。
ただの言葉が、「詩的」な色合いを帯びて見える瞬間、
そういうものが少し理解できたような気がしました。

反対に、考えさせられたのは、
「あまりにコミュニケーションに寄り添った言葉に満ちている」
という穂村さんの言葉。
Twitterやってたりすると、内容はそれぞれの人で違うのに、
表現や文体から滲み出る「個」は希薄なんですよね。
当たり前だよ、と言われそうですが・・・。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM