Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< さよなら、レヴィ=ストロース。 : 穂村弘『どうして書くの?』 >>

発表会、その後。

おかげさまで、先週末、無事に発表会が終わりました。

足を運んでくれた友人・知人の皆さん、ありがとうございました。
本当に嬉しくて、緊張するより勇気をたくさんもらいました。
心から御礼申し上げます。

さて、当日の出来ですが・・・

連吟が終わって切戸(舞台右手奥のくぐり戸)に引っ込むと、
先生方が「本番が一番良かった!」と笑顔で迎えてくれました。
仕舞の方も無事に終わり、まずは安心してくださったようでした。

感激したのは、打ち上げ。
初心者がよく分からないなりに、ただただ一生懸命に稽古する様子を
先生がとても喜んでくださっていたことを知りました。
しみじみと温かい気持ちになりました・・・。

それから、良い思い出になったのは、母の袋帯。
フォーマルな着物を持っておらず、稽古仲間に色無地を借りたのですが、
帯だけは母のものを締めました。
写真やビデオを見ると、着物の色にぴたりと合っていましたね〜。
見せたら、きっと喜ぶんじゃないかな。

興奮冷めやらずで、とりとめのないことを書いてしまいました。
今回は小さな一歩を踏み出した、ということで。
この気持ちを忘れずに、五年十年、続けていけたらと思います。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM