Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< お月さまを楽しむ。 : 中秋の名月。 >>

リマスター盤の呪縛

評価:
Deutsche Grammophon
¥ 3,077
(2009-08-18)
Amazonランキング: 390位
Amazonおすすめ度:


マルタ・アルゲリッチがドイツ・グラモフォン(DG)で録音した名盤の数々。
今回リマスターされた上、LPのオリジナル・ジャケットで再登場しています。

この手のCDって、買うかどうか、毎回すごく悩みます。

LPからCDへの移行期に一度買い直しているものが多いし、
オムニバス盤なんて買ってると、同じ音源を複数持っていたりして、
その上にリマスターを買う・・・さすがに躊躇します。
欲しいCDなんて、他にいくらでもあるわけで。

でも、リマスター後の音を聴きたい!という誘惑に勝てず・・・
結局、買いました。

HMVだと、協奏曲ばかり集めたvol.2(7枚組)が3,277円。
一枚500円以下という、びっくりするような値段です。
マルタ・アルゲリッチのクラスでこの値段か、と思いましたが、
既にCDを持っているファンのブツ欲をかき立てるためには、
アグレッシブなプライシングで大正解かもしれません。

同じ理由で、リヒテルの9枚組リマスター盤を買ってしまいました。
これもDGで、アルゲリッチ同様、オリジャケ仕様です。
HMVだと、マルチバイ割引で5,800円。
アルゲリッチほどではないけど、十分に安い。

なんか、DGの「リマスター商売」に引っかかっているな〜。
順番に聴いて、ちゃんと真価を確かめねば。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM