Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 『ちはやふる』第6巻。かなちゃんの「不尽の高嶺」にじーん・・・ : お月さまを楽しむ。 >>

『大奥』第5巻。相変わらず面白いけど、重い・・・

評価:
よしなが ふみ
白泉社
¥ 650
(2009-09-29)
Amazonおすすめ度:


来年、実写化が決定している『大奥』。
5代将軍・徳川綱吉、側用人・柳沢吉保を軸に、
元禄時代の大奥を描く第5巻が出ました。

松姫の逝去、「生類憐れみの令」や忠臣蔵などが続くせいか、
全体の雰囲気として、第5巻は重かったです。

男女逆転のパラレル時代劇という設定上、仕方がないのですが、
男性に代わって政を行う一方で、世継ぎを生まなければならないという
女性ゆえの役割をも背負わされる。
吉保や右衛門佐がいても、綱吉の孤独や苦悩を埋めることはなく、
3代将軍・家光にお万の方(有功)がいたことを考えると、
対照的なんですよね。
そこへ、更に老いが加わってくると、何ともやりきれません。

最後に、お信こと、幼少期の吉宗が登場したのが唯一の救い。
男気ある女将軍の再登場が待ち遠しいです。


ところで、綱吉と言えば、悪評の高い「生類憐れみの令」。
最近読んだ『文藝春秋SPECIAL 賢者は歴史から学ぶ』の中の、
「座談会 日本史・名誉回復会談」で、見直されていました。

最近の研究では、「生類憐れみの令」は悪法とは捉えられておらず、
むしろ、戦国時代以来の殺伐とした風が次第になくなり、
今の日本の治安の良さはこの頃が原点、という見解があるようです。
確かに、徳川幕府が盤石となったのは家光の頃あたりですから、
綱吉の代になって、平和主義的な動きが出てくるということ自体、
実は、歴史的な大転換だったんですね。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM