Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 祇園祭つれづれ・宵山編 : 『へうげもの』9巻、本日発売。 >>

祇園祭つれづれ・山鉾巡行編

山鉾巡行は、混雑が予想される四条や河原町では見ずに、
新町通や室町通沿いの各山鉾町で見ることにしました。 

ということで、長刀鉾の注連縄切り、鬮改めはTV観覧。 
近くに行っても見えないでしょうから、結果的には良かったです。 
解説も参考になりました。 



役行者山が役行者町を出るところ。
最北端の山鉾なので、四条に向かうのが遅め。ラッキーでした。
修験道をテーマにした曳山です。



電線を除けながら、進んでいきます。
新町通に比べると、室町通は電線があるなーという印象。



新町通の南観音山は、これからスタートするところでした。
南観音山は山鉾巡行の殿(しんがり)をつとめる山。
鬮取らずで常に最後尾を飾ります。



新町通と四条がぶつかったところ。 北観音山です。

ここでも辻回し(と呼ぶのかな?)があるのですが、 
だいたい3回くらいで方向転換するとのことです。 
(と、道行くおじさんに教えてもらった・・・) 
音頭取りの気合いが、見ているこちらにも伝わります。 


次の写真から、山鉾巡行は終盤です。
四条、河原町、御池を回って、各山鉾町へ帰るところ。
多くの山鉾が新町通を通るので、穴場と言われているようです。



長刀鉾。(肝心の長刀がフレームアウトしちゃいましたが・・・)
南観音山とは反対に、常にトップを飾る鉾です。



新町通りで見た芦刈山。今年の「山一番」です。 
芦刈山は一昨年にも山一番を引いていて、三回目だとか。 
手前にいらっしゃる方、たしか鬮を引いていた方じゃないかと思います。
(TVで見たような気がする・・・違ってたらごめんなさい。)
鬮改めの役を務めた少年もいて、頑張ってました。



函谷鉾。こちらも鉾頭が切れちゃいましたが・・・
何とか、稚児人形が写っているかな?



ちょっと写真が暗いですが、月鉾。
宵山では、雰囲気のある駒形提灯が印象的でした。



こちらは綾傘鉾。
鉾もきれいだったんですが、棒振り踊りの方が印象的でした。
独特の囃子のリズムに乗って、疫病を祓う踊りを披露します。
稚児行列と並んで、この鉾の呼び物。



岩戸山の皆さん。外国人の方がとっても多い山でした。
「あ、あれ、彼氏なんです〜!」と身を乗り出して写真を撮っていた、
外国人の女の子も沿道にいました。そりゃ、嬉しいよね。



巡行が終わって帰ってきた、北観音山。
この後、観光客も祝い締めに参加して、今年の山鉾巡行は終了です。


狭い新町通で見ましたが、その分、山鉾がギッギッと進むときの
迫力を間近に感じられました。
我知らず、「お〜っ」を声をあげたり、拍手したり。 
大通りでの観覧も良いと思いますが、こちらはこちらで楽しめました。

comments(4) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by Pippi : 2009/07/18 7:50 AM
☆ともゆきさん

鉾頭は鉾によって異なるので、それを見るのも楽しみの一つですね。
ちょっと切れちゃったのもありますが・・・(^^ゞ

この日はカメラを手にした観光客でいっぱいでしたよ。
すごいでっかいレンズをつけて、2つも3つも持っている人、
2メートルくらいの棒にカメラをつけている人、たくさんでした。
脚立率も高かった・・・。
Posted by Pippi : 2009/07/18 7:26 AM
☆k(京都好きでもあり) さん

付け焼き刃の「祇園祭り博士」です。
といっても元ネタは、河原書店の「京都・祇園祭手帳」だったりしますが。

写真はたくさん撮りすぎて、選ぶのに迷いました。
Posted by ともゆき : 2009/07/17 11:05 PM
よく鉾頭を写真のフレームに収められましたねぇ!!すばらしい!
Posted by k(京都好きでもあり) : 2009/07/17 8:15 PM
楽しいレポートありがとう。すっかり祇園祭り博士というような語り口で、小さく嫉妬してます。

COMMENT FORM