Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< もう一回、もう一回。ミスチルの『HANABI』 : 初秋の雲場池。 >>

ここまでやんなくても。



これは、日本美術史のスクーリングのレポートにつけた図版。
Pippi-channelの方にも書いているとおり、9月に入ってからずっと、
平安時代の絵巻の傑作、「信貴山縁起絵巻」と格闘しました。

全3巻、22場面。
絵巻特有の横に長い画面をマンガみたいに一旦コマ割して、
場面展開の説明に使いました。

半分くらい「ここまでやんなくてもいいじゃん」と思いつつ、
作ったら作ったで、だんだん送るのが勿体なくなってしまって、
でも、そういう訳にもいかないし、写真くらいは残そうかと。

終わってみていろいろ考えてみると、この作品に取り組んだことで、
美術や歴史を勉強することの意味、課題に対する姿勢が、
自分の中で少し変わったように思います。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM