Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 辛いものが食べたい! : 米リーマン・ブラザーズ、米連邦破産法11条を申請 >>

のだめ21巻と休載

評価:
二ノ宮 知子
講談社
¥ 420
(2008-08-11)
Amazonおすすめ度:
遅まきながら、のだめの21巻です。

Ruiと千秋のコンサート、ベートーヴェンのピアノソナタ第31番、
のだめ史上最高に重苦しい展開の中、最後にミルヒーが現れて・・・
ど、どうなるんだ、この後は!!と、思わせる終わり方でした。

第31番のソナタは大好きなピアノ曲の一つです。
第3楽章の「嘆きの歌」とフーガが交互に出てくる感じは、
のだめと千秋の関係を象徴させているような気もしますが、
ベートーヴェンの晩年の作品で、高みに到達した音楽ですから、
むしろ、のだめ自身が音楽とどう向き合っていくのかを問う、
21巻全体の通奏低音的な役割を果たしているように思いました。

個人的には、年を取るにつれ、この曲のスゴさや素晴らしさが
じわじわと理解できるようになりましたね。
のだめが弾いているシーンを見ると、ちょっと胸が詰まります。

ところで。

すでにアナウンスされていましたが、
今日発売の「KISS」でものだめの休載が告知されました。
作者の二ノ宮知子さんが出産を控えているとのことですが、
体調が不安定のため、Lesson128まで連載する予定を見送り、
大事をとって早めにお休みされる、というのが経緯のようです。

元気な赤ちゃんの誕生と連載再開を心から祈ります。

comments(2) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by Pippi : 2008/09/20 10:47 AM
減点ママさん、おはようございます。
ブログ、拝見しました。ついに移住計画の最終段階ですね〜
お引越しは大変と思いますが、秋の軽井沢ライフを堪能してください!
Posted by 減点ママ : 2008/09/19 6:55 AM
pippiさん、おはようございます。
のだめは巴里編が10月から深夜に放映されるそうですね。
連載再開まで、テレビを見て待ちましょう。
でも軽井沢で放映されるかしら・・・(心配)。
あ。軽井沢への移住決まりました。来月の上旬に引越し予定です!

COMMENT FORM