Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 東京国立博物館「国宝 薬師寺展」(その2) : 入不二 基義『哲学の誤読 ―入試現代文で哲学する!』 >>

フジモトマサル『二週間の休暇』

評価:
フジモト マサル
講談社
¥ 1,300
『ウール100%』の作者であるフジモトマサルさん初の長編。

主人公は、日菜子という名の女性。
ある日、鳥が人間のように生活している不思議な世界に迷い込みます。
でも、自分がどこからやってきたのか、なぜここにいるのか、
記憶がありません。

そんな日菜子を訝しく思いつつも、自然に接する隣人(隣鳥?)たち。
仕事を手伝ったり、町を歩いたり、鳥の世界に馴染んでゆくにつれ、
静かに記憶は甦ります。

淡々と進むストーリー、抑制のきいた絵。
劇的なものは何一つないけれど、読んだ後は少し一人で放心したい。
読んでいるときに感じたそんな気持ちは、折り紙のように畳んでおいて、
たまにそっと開いてみるのがいいと思います。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM