Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< カエルにご注意。野鳥の森でネイチャーウォッチング : 映像でも大迫力。カラヤン・フィルム・フェスティバルの第9。 >>

「図書館戦争 別冊 1」発売。人の恋愛ほどオモシロいものはないですね。

評価:
有川 浩
アスキー・メディアワークス
¥ 1,470
Amazonランキング: 15位
Amazonおすすめ度:
図書館戦争シリーズからのスピンアウトがついに発売。
NO IMAGEなので、しばらく以下を貼付けておきますね。


表紙のベースカラーが白から赤に。また、大きなハート。
装丁の雰囲気からしてラブコメ路線全開ではないですか。
ふぅ、こっちが恥ずかしい。

スピンアウト作品とは言え、メインは主人公二人の恋。
ゆっくり進んでいく過程がそのまま章立てになっていて、
会話を読んでると、正直、体中がぞわわわと痒くなりそう。(笑)
でもって、柴崎の冷静な分析、ツッコミが冴えまくり。
私も言いたいぞ、そのセリフ!!と、途中、何度思ったことか。

いやー、笑いました。

それにしても。

人の恋愛って、
なんで、こんなに宇宙的にバカバカしくて、可愛らしくて、
オモシロいものなんだろう。

2007/11/11 完結。シリーズ最終巻「図書館革命」発売
2007/08/26 ついに「図書館戦争」がマンガ化

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM