Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 「鹿男あをによし」の第8回視聴率&ロケ地 : 「鹿男あをによし」の最終回視聴率&ロケ地 >>

「鹿男あをによし」の第9回視聴率&ロケ地

©フジテレビ

ここ数回の展開を見ていると、真の主役はリチャードこと児玉清ではないか
と思わせられます。見せ場が多いんですよね。
「坊ちゃん」の赤シャツを意識してか毎回濃いピンクのYシャツを着てるし、
お決まりのオーバーアクション(アタックチャンス?)も仕込んでるし。
うーん、ベテランの味ですね・・・。


◆視聴率
第9話「最後の対決!運命の夜〜日本の行方は?」は、9.2(-0.9%)。

あらら、また下がってしまいました・・・視聴者は厳しいですね。
ようやく長岡先生の協力を得て、ついにリチャード(教頭先生)から
「サンカク」を奪還。
そして、神無月最後の夜。場所は、平城宮跡の朱雀門。
小川先生は「サンカク」を横取りされるなど、相変わらずついていませんが、
鹿と堀田イトの活躍で、ついに鎮めの儀式を迎えるばかりとなりました。


◆ロケ地
朱雀門での夜のロケ、吐く息が白く、めちゃめちゃ寒そうでした。

・平城宮跡(朱雀門)
・高松塚古墳
・黒塚古墳
・奈良公園
・飛火野
・木奥商店(奈良町)

ロケをやってた時期を考えると、真冬ですよね。
設定が神無月(10月)ですから、演出上、厚着にならないようにする必要は
あったのでしょうけれど、堀田イトの私服が毎回半ズボン(?)で
「冷え性にならないか」と要らぬ心配をしてみたりしました。

でも、堀田イトの決めセリフ「先生、マイ鹿です」は凛々しかったですね。
鹿に馬乗り。って言うのかどうか分かりませんけど。

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM