Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< はじめての桂離宮(その4) : 司馬遼太郎も愛した、東寺の御影堂。 >>

完結。シリーズ最終巻「図書館革命」発売

評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
ついに、図書館シリーズも完結です。
仕事に忙殺されまくっているダンナを尻目に、週末は一気読み。ごめん。

「最後、どんな事件を持ってくるのかなあ」と思っていたら、
原発、テロ、憲法(表現の自由)の3点セットときましたか。
シリーズのラストを飾るにふさわしく、重量級の設定。

そして、郁は相変わらず一直線に暴走してました。
ベタ甘な展開、「お約束」の連続、全キャラ予想通りの言動&行動。
いつも通り、読んでるこちらが気恥ずかしい場面が多々ありますが、
最後は意外と静かに終わったなーというのが実感。

堂上教官、何だか妙に落ち着いていましたね。
突然素直になったように見えて、「あらっ」という感じです。
いつ、シンキョウの変化??
それと、小牧さん。四章の最後のあなたの台詞、名言ですよ。

何はともあれ、未来に希望がつながるエンディング。
よかったよかった。
Production I.GによるTVアニメ化も決まり、楽しみは来年も続きます。

8月26日 ついに「図書館戦争」がマンガ化

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM