Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 英女性作家ドリス・レッシング、ノーベル文学賞受賞 : 薪ストーブのある生活。 >>

ボランティアも命がけ。氷河で集団ヌード撮影会

地球温暖化に警鐘を鳴らすキャンペーンの一環で、約600人のボランティアが
スイスのアルプス氷河での集団ヌード撮影会に参加したそうだ。

場所は、世界自然遺産として登録されたアレッチ氷河のすぐそば。
地球温暖化により消滅の危機にあるアルプス氷河へ人々の関心を集め、
温暖化への意識を高めることがこの撮影会の目的らしいが、
氷河に直に寝転んでいる写真などもあり、見るからに、死ぬほど寒そうだ。
こうなってくると、ボランティアも命がけである。

地球温暖化と言えば、『不都合な真実』の著者であるゴア前米副大統領が
先日、ノーベル平和賞を受賞した。
21世紀の環境問題は、因果関係を科学的に証明できる・できないという問題から
既に別の次元に移って、先進国間の政治的な覇権争いの道具になっている。
京都議定書を批准していないアメリカにあって、今回のゴアの受賞は、
大統領選にも影響を与えるかもしれない。

それにしても、この写真。
シュールレアリズムの絵を見ているようで、気味悪さ度はかなり高い。
(おまけに、何か訴えるというと、どうしてすぐヌードなんだろ。)

comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM