Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

インフルエンザ退散祈願@春日大社

奈良新聞のWebを見ていたら、以下の記事がありました。

奈良市春日野町の春日大社摂社・水谷神社で26日、
新型インフルエンザの早期終息を願う「疫病退散祈願」が行われた。
約1カ月にわたって続けられる。
同神社は平安時代に創建され、医薬の神様として信仰を集めてきた。

この日は、13人の神職が「中臣祓(なかとみのはらえ)」を3回唱えた後、
疫病退散を念じながら本殿の周囲を回った。
万民の幸せを願う祝詞「中臣祓」は1000回の満願まで連日続けられる。

祭儀部長の千鳥祐兼権宮司(40)は「新型インフルエンザの不安が一日も
早く取り除かれ、観光地にも人が戻るよう願っています」と話した。

中臣祓とは、祝詞の一つです。ぐぐってみたら、結構長い祭文です。
中臣氏が京の朱雀門で奏上していたことから中臣祓と呼ばれるようで、
大祓詞というのが本来の名称のようです。
注釈書もたくさんあって、神道の世界ではメジャーな祝詞。

水谷神社では、新型肺炎(SARS)のときも退散祈願が行われました。
祇園祭を例にあげるまでもなく、昔から疫病退散の祭礼は多数あります。
現代は行政や医療が病気に対処しますが、いつの世も最後は神頼みですよ。
満願まで長いので、13人の神職さんには頑張って欲しいです。

comments(0) : -

リアル「奈良の都の八重桜」

 

奈良に来ています。

写真は、転害門に通じる道に植えられている桜。

いにしへの 奈良の都の八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな 」

と、伊勢大輔の歌に詠まれた、あの「ナラノヤエザクラ」です。

八重桜といってもそれほど花弁の数は多くなく、とても可憐。
「ナラノヤエザクラ」とは品種名で、天然記念物だそうです。
ソメイヨシノを見慣れた目には、とても新鮮に映りました。

夢中で写真を撮っていると、どこからか鶯の良い声・・・。
人もまばらな転害門で、古の奈良の都を体験できました。

comments(0) : -

指揮男あをによし

千秋真一&RSオケによる「指揮男あをによし」。
鹿男ファンの方、玉木宏ファンの方、楽しんでくだされ!

comments(0) : -

「せんとくん」vs「やまとくん」



「平城遷都1300年祭」のキャラクターが話題になっています。
愛称も「せんとくん」に決まりました。

発表以来、「可愛くない」「仏様を侮辱するもの」といった意見が続出。
えらい騒ぎになっていますが、ある意味、これも「せんとくん」パワーです。
圧倒的な不快指数と話題性、瞠目するばかりです。

そんな中、俄に「やまとくん」の存在も注目され始めました。
kabulayaさんのブログ「かぶらやのきせき」に詳しいです。)

しかし、日本人の「キャラ好き」もここに至り、つくづく国民性なんだなぁと。

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の最終回視聴率&ロケ地



うちの「マイ鹿」です。
お里は春日大社。お神籤をくわえた姿が何とも可愛いらしいです。


◆視聴率
最終回「二つのキス〜冒険の終わりが冒険の始まり」は、11.2%(+2.0%)。

久々の11%台回復を果たして、最終回を迎えることとなりました。
平均視聴率は9.9%、2008年1〜3月クールの連ドラとしては下位ですが、
奈良の認知度および好感度UPには十分貢献したのではないかと思います。


◆ロケ地
最後のロケ地紹介です。

・平城宮跡(朱雀門)
・奈良公園
・東大寺
・飛火野
・浮見堂
・興福寺(というより、五十二段ですかね。)
・若草山
・木奥商店(奈良町)
・近鉄天理駅 ※ラストの奈良駅は実は天理駅のようです。

改めて奈良の素晴らしさを実感できたドラマです。
今度は、自分の眼と足で「奈良」を感じてこようと思います。

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の第9回視聴率&ロケ地

©フジテレビ

ここ数回の展開を見ていると、真の主役はリチャードこと児玉清ではないか
と思わせられます。見せ場が多いんですよね。
「坊ちゃん」の赤シャツを意識してか毎回濃いピンクのYシャツを着てるし、
お決まりのオーバーアクション(アタックチャンス?)も仕込んでるし。
うーん、ベテランの味ですね・・・。


◆視聴率
第9話「最後の対決!運命の夜〜日本の行方は?」は、9.2(-0.9%)。

あらら、また下がってしまいました・・・視聴者は厳しいですね。
ようやく長岡先生の協力を得て、ついにリチャード(教頭先生)から
「サンカク」を奪還。
そして、神無月最後の夜。場所は、平城宮跡の朱雀門。
小川先生は「サンカク」を横取りされるなど、相変わらずついていませんが、
鹿と堀田イトの活躍で、ついに鎮めの儀式を迎えるばかりとなりました。


◆ロケ地
朱雀門での夜のロケ、吐く息が白く、めちゃめちゃ寒そうでした。

・平城宮跡(朱雀門)
・高松塚古墳
・黒塚古墳
・奈良公園
・飛火野
・木奥商店(奈良町)

ロケをやってた時期を考えると、真冬ですよね。
設定が神無月(10月)ですから、演出上、厚着にならないようにする必要は
あったのでしょうけれど、堀田イトの私服が毎回半ズボン(?)で
「冷え性にならないか」と要らぬ心配をしてみたりしました。

でも、堀田イトの決めセリフ「先生、マイ鹿です」は凛々しかったですね。
鹿に馬乗り。って言うのかどうか分かりませんけど。

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の第8回視聴率&ロケ地

「鹿男あをによし」の第8回が終わりました。


◆視聴率
第8話「辿りついた意外な真実!犯人は貴方だ!」は、10.1%(+1.3%)。

裏の「だいすき!」に引き続きリードを許しながらも、やや持ち直し。
「サンカク」の正体が「三角縁神獣鏡」と分かり、リチャード(教頭先生)も
ついにその本性を現すなど、ラストに向かって物語も盛り上がってきました。


◆ロケ地
今回は、ある意味、”featuring リチャード!の巻”。
ということで、考古学関係の施設や遺跡が中心でした。

・箸墓古墳
・橿原考古学研究所
・黒塚古墳
・奈良文化財研究所
・奈良公園
・飛火野
・木奥商店(奈良町)

考古学と聞いてもあまりピンときませんが、ロケ地は実際にある施設なので、
映像としてはリアルに感じました。
奈良文化財研究所のサイトを見ると、動画やコンテンツが豊富。
トピックスには「発掘調査現地説明会」といったお知らせも掲載されています。
リチャードも毎日チェックしてそうなサイトです。勉強になりました。

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の第7回視聴率&ロケ地

「鹿男あをによし」の第7回が終わりました。
重さんの「額に肉って描くなよー」というセリフ、最高でした。


◆視聴率
第7話「謎の少女の正体!?衝撃の事実が明らかに」は、8.8%(-0.1%)。

視聴率は下がり、裏の「だいすき!」との差が一段と開きつつも、
今回は物語が急に進みました。

私は、堀田イトの解説で全体像を初めて理解。(たぶん視聴者の多くも?)
鹿・鼠・狐の関係はともかくとして、使い番は2人いるのに、
なぜ運び番が1人なのか、今まで全然分かっていなかったです。
急に目の前の霧が晴れた気分。すごいすごい。


◆ロケ地
今回は、ビブレやファミレス、カラオケといった女子高生が行きそうなところ、
つまり堀田イト捜索シーンに登場した場所が中心でした。

・平城宮跡
・奈良ビブレ
・TOMATO&ONION
・啓林堂書店
・極楽湯
・奈良公園
・飛火野
・木奥商店(奈良町)


ところで、冒頭にも書いた重さんのセリフ。
デッサンの授業シーンで言っていたのですが、アドリブだろうか?
そもそも、このネタは女子高生に通じるんだろうか?

そんな杞憂を吹き飛ばしてくれるのは、2004年4月放送の「トリビアの泉」。
「トリビアの種」のコーナーで『中学生の教科書で一番多い落書きは?』を
調査したところ、10位に「額に肉」が堂々ランクインしてます。
中学生にこれだけ認知されているのですから、女子高生には当然理解されて
いることでしょう(たぶん)。
それにしても、重さんのポジショニングは絶妙。主役よりおいしい。

ちなみに、このランキングに関する「教えてGoo」も面白いです。
やり取りが牧歌的というか、ほのぼのというか・・・

" target="_blank">■トリビアの種の、中学生が教科書に書いてしまう落書きについて

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の第6回視聴率&ロケ地

「鹿男あをによし」の第6回が終わりました。

◆視聴率
第6話「すべての鍵を握る女 第2幕のスタート!」は、8.9%(-0.1%)。

物語は後半に突入しました。

相変わらず、堀田イトの行動や言動は謎めいています。
また、長岡先生は本当に狐の使い番なのかどうかも不明。
肝心のサンカクについては、糸口らしき糸口がはっきりしないまま、
次回に持ち越されることになりました。

原作を読んでるのに、鹿・鼠・狐の関係、使い番やら運び番やら、
いろいろあって分からなくなってきました・・・


◆ロケ地
「次回は京都ロケが多いか?」と思ったら、何と動物園だけでした。
珍しくカフェやギャラリーが多く、チェックしているだけで楽しかったです。

・TEN.TEN.CAFE(奈良町)
・まんぎょく(奈良町)
・PINOCCHIO(三条通り)
・ならまち紅屋(奈良町)
・寧屋工房
・飛火野
・近鉄奈良駅
・木奥商店(奈良町)
・京都市動物園

他にもあったかもしれませんが、私の眼力ではここまでが限度・・・。
今まで神社仏閣優先で奈良を訪れていたので、カフェやたべものやさん系は
いずれ足を運んで、ちゃんとまとめたいと思います。


重さんの個展が開かれていたカフェは「TEN.TEN.CAFE」です。
2003年の冬にオープンしたカフェ&ギャラリーで、調べてみると、
歌手の故・河島英五さんのお嬢さん・あみるさんのお店なんですね。
元々大阪の法善寺横丁にあったんだそうですが、火災に遭った後、
奈良町で再出発となったそうです。

メニューには「酒と泪と男とぜんざい」なんてあったりします。
甘い中にもちょっとしょっぱさがある、大人の味でしょう。きっと。

comments(0) : -

「鹿男あをによし」の第5回視聴率&ロケ地

「鹿男あをによし」の第5回が終わりました。

◆視聴率
第5話「奇跡が起きた!!」は、9.0%(+1.0%)。

物語は前半の見せ場です。
堀田イトが大活躍する剣道の試合シーンだったせいか、視聴率も回復。

次回からは「サンカク」に関連する謎解きを中心に物語が進みます。
2桁に戻せるかどうか。


◆ロケ地
今回は「綾瀬はるかの観光案内」はなく、
ほとんどのシーンが体育館と職員室での撮影でした。

ただ、さすがに鹿が登場するシーンだけはそうもいかず、以下で撮影したと
思われます。ラストを除くと、使い回しっぽいカットが多かったですね。

・若草山
・飛火野
・猿沢池
・春日大社
・東大寺
・木奥商店(奈良町)

次回は京都ロケが多そうです。

comments(0) : -