Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

「春の内臓祭り!」でした。

前日は、会社員時代の元同僚と飲んできました。

私がホルモン好きなので、題して「春の内臓祭り」。
いろんな人から「どこかのパン祭りかよ!」と突っ込まれましたが、
まあ、それはそれとして、会場は目黒の「ホルモン稲田」



祭りの始まる前。


鉄板の上はすぐにいっぱい。

しかし、写真を撮るタイミングが悪くて、
ジュージューした雰囲気をお伝えできないのが非常に残念・・・。

なので、正しい祭りの様子はこちらのブログにて!!
(よそのブログに誘導するな、と叱られそうですが。汗)


キラキラと輝くホルモンたち。堪能いたしました!

comments(2) : -

ダライ・ラマ14世が鼻スプレー。


「ダライ・ラマ14世、鼻スプレーを突っ込む」の図。

しかも、@記者会見。
意外や意外、おちゃめな人なんだなぁ・・・。

comments(0) : -

「草食系男子」の特徴。

久しぶりに、内田樹先生のブログをみる。

最近のエントリーで「草食系男子の憂鬱」なるものがあり、
「ほぉ〜〜」と思いながら、読みました。

内田先生は関西にある某女子大の先生。かいつまんで書くと・・・
教え子の皆さんにとって、「草食系男子」は「かなり喫緊の課題」。
「あなたが知っている草食系の実像」についてご報告をうかがった結果、
ゼミ生のほとんどの彼氏が「草食系」であることが分かった。

そこで挙げられた特徴は、
  • すぐ泣く。 
  • 拗ねる。 
  • 「どうせぼくなんか・・・」といじける。 
  • かわいこぶる(齧歯類系の「かわいさ」を演じるのが上手) 
  • メールに顔文字をたくさん使う。 
  • 優柔不断で、「何食べる?」「どこ行く?」といった質問に即答できない。 
  • 化粧品にうるさい。 
  • 肌を美白に保つことに熱心。 
  • ヘア命(ヘアセットができてない姿を見られると、スッピンの女性のように身もだえするらしい) 
  • 家族と親密。
などなど。


なるほど〜。
これを読むと、「草食系男子」に比べて、自分の「女子度」の低さを感じます。

comments(0) : -

米リーマン・ブラザーズ、米連邦破産法11条を申請

大手証券会社のリーマン・ブラザーズがChapter11を申請しました。

ついに来たか、という感じです。
世界経済に与える影響度の大きさは全然違いますが、
個人的には、97年の山一證券の破綻を思い出させるニュース。
11年前の悪夢がよみがえります。

さて、明日のマーケットはどうなりますか・・・

comments(0) : -

あなたと違うんです。



昨日の福田さんの辞任会見で、一番びびびびときたセリフって、
「あなたと違うんです。」じゃないでしょうか。

本音を押し隠しているのか、回りくどい説明が多かった中で、
この言葉が一番分かりやすかった。
皮肉屋の福田さんらしい、皮肉な話です。
まあ、こんなとこで、らしくても全く意味はないのですが。

しばらくの間、一部で流行りそうな気がしますね。
はてなキーワードや2chにも早速上がってました。→はてなはこちら

与党たる自民党の生命線である公明党の動きを踏まえれば、
政治ショーの総裁選、麻生首相誕生、総選挙という方向へ動くでしょう。
このブログで敢えて書かないことの一つが「政治」だったりするんですが、
突然の首相辞任は「終わりの始まり」と予感させます。

comments(0) : -

今日の「クローズアップ現代」はコピペ是非論。

今日放送のNHK総合「クローズアップ現代」は、
「コピペ〜“ネットの知”とどう向き合うか〜」でした。

内容は、インターネットで検索して見つけた文章をコピペして、
自分で書いたものであるかのごとく使うことの是非論。
そして、ネットの世界に横溢する「情報の海」とどう向き合うか、
という問題提起でした。

一番私がびっくりしたのは、夏休みの宿題用に開設されているサイト、
「コピペで書ける読書感想文」の存在。
番組と同じものか分かりませんが、実際に「自由に使える読書感想文
というサイトがあります。

今や、ネットには何でもありますね。

スタジオゲストは、脳科学者・茂木健一郎さん。
あれこれ悩んで苦労して自分なりにまとめた方が「脳の成長にはよい」と
コメントしていました。
運動と同じで、ある程度負荷をかけないと脳は成長しないし、
コピペだけでは負荷不足、ということなんでしょう。


ってなことをつらつら書いていたら、突然TVの画面が切り替わって、
あらら、福田総理が辞任だって・・・

comments(0) : -

【図解】政府公認、北京五輪での応援方法

「品のある応援方法」だそうです。
神社でのお参りの仕方を説明するみたいで、おもしろい。
で、どういう風にこれが決まったのか、とても気になる。

本番では、みんな興奮して忘れるんじゃないかと思うけど・・・

comments(0) : -

ボランティアも命がけ。氷河で集団ヌード撮影会

地球温暖化に警鐘を鳴らすキャンペーンの一環で、約600人のボランティアが
スイスのアルプス氷河での集団ヌード撮影会に参加したそうだ。

場所は、世界自然遺産として登録されたアレッチ氷河のすぐそば。
地球温暖化により消滅の危機にあるアルプス氷河へ人々の関心を集め、
温暖化への意識を高めることがこの撮影会の目的らしいが、
氷河に直に寝転んでいる写真などもあり、見るからに、死ぬほど寒そうだ。
こうなってくると、ボランティアも命がけである。

地球温暖化と言えば、『不都合な真実』の著者であるゴア前米副大統領が
先日、ノーベル平和賞を受賞した。
21世紀の環境問題は、因果関係を科学的に証明できる・できないという問題から
既に別の次元に移って、先進国間の政治的な覇権争いの道具になっている。
京都議定書を批准していないアメリカにあって、今回のゴアの受賞は、
大統領選にも影響を与えるかもしれない。

それにしても、この写真。
シュールレアリズムの絵を見ているようで、気味悪さ度はかなり高い。
(おまけに、何か訴えるというと、どうしてすぐヌードなんだろ。)

comments(0) : -

「読みがな」をふったブッシュ大統領の演説草稿

誤って国連のサイトに掲載されてしまったんだそうです。

英語にも「読みがな」があるんですね。
「nuclear」はともかく、確かに人名は間違えると失礼に当たるため、
読みがなを振りたくなる気持ちは分かります。
昨日の組閣人事の発表の際も、「町村さん、よく間違えないなあ」と
思いました。まあ、こちらは官僚の皆さんがちゃんとフリガナを振って、
完璧な原稿を用意されているんでしょう。

それにしても、こういうネタが誤ってサイトにUpされること自体、謎。
大統領の権威を失墜させようとの意図でもあるのでしょうか。

comments(0) : -

妙に生き生きして見える、石破大臣

福田新内閣、閣僚名簿が発表されました。

昨日発表された党四役は、個人的には意外な人もいたので、
組閣人事もどうなることかと興味津々でした。
結果的には、再任と横滑りが多かったですね。

そんな中、新任の石破さんは、妙に生き生きして見えました。
さすが防衛政策通(でもって、軍事オタク)。
やはり、3年ぶりに防衛の現場に復帰するということで、
力が入ってるんですかね。

comments(0) : -