Pippi日記

本・音楽・軽井沢の徒然Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

もうすぐ卒業、もうすぐ就職。

しばらく更新しないうちに、いろんなことがありました。
落ち着いたら、久しぶりにブログもちゃんと書きたいと思います。

comments(0) : -

今年も残り一ヶ月。

最近、全然更新していなかったので、「見た目だけでも・・・」と思い、
クリスマスっぽくしてみました。

25日を過ぎたら、どうするか。

今のところ考えていませんが、しばらくはこんな感じで。

comments(0) : -

テンプレートの変更


テンプレートを変更してみました。

いつものごとく気分転換でもあるのですが、
以前のモノはちょっと可愛過ぎるかな、と常々気になっており。

子サイトと同じ方のデザインで、
別バージョンを見つけたので、これにしてみました。

横にワイドになった分、テキストだけだと、パッと見、
サミシイ感じになってしまいます。
写真や動画など、どんどん載せたほうがよさそうです。

comments(0) : -

上野の夜景


今日は上野精養軒で飲み会でした。

精養軒屋上のビアガーデンが宴会会場です。
上野の山から見渡す不忍池と夜景、なかなかのものでした。

上の写真は19時くらいの空。
池の左側にライトアップされた弁天堂が見えますね。
薄暮に包まれた池が美しかったです。


これは、21時過ぎの空。

月がだいぶ高く登っていました。
弁天堂もくっきり見えます。


帰りは、みんなで上野公園を少し散歩してきました。

お約束(?)で西郷さん(高村光雲作)を撮影。
でも、西郷さん本人とは違うらしい、と聞きました。

comments(6) : -

神保町での戦利品。

先週、稽古帰りに出かけた神保町。

姉弟子や稽古仲間と一緒に、何軒か古本屋さんをハシゴし、
お茶と買い物を楽しんでまいりました。

今回の戦利品は以下の3つ。


高山本店さんで購入した「船弁慶」の能版画。
描かれているのは、後場のシテである平知盛です。

明治・大正の画家、月岡耕漁の作品。
無惨絵で知られる月岡芳年は師匠であり、義父でもあるそうです。

「船弁慶」なので、前シテの静御前も欲しかったのですが、
残っていたのは鵜飼や土蜘、老女物といった少々地味なものばかり。
鬘物の主人公などはあんまり残っておりませんでした。残念。
(そう考えると「當麻」は買っておけばよかったのか・・・)


ボヘミアンズ・ギルドさんの店頭で山積みになっていた、
古い『日本の美術』。

視界に入った瞬間、座り込んで物色してしまいました。
どれも100円だったので、ごそっと購入。


最後は、『観世寿夫著作集』1・2巻。

手塚書房さんのところに「何か入ってますかー」とうかがったら、
おすすめいただいたのがこれ。つい、買ってしまいました。

4巻まであるので、本当は揃いを買った方がいいのでしょうが、
そうなるとお値段も張ります。私には2冊でちょうどよかったかな。

そんなこんなで、個人的には良いお買い物ができました。

comments(0) : -

「野鳥の森」の春。

先日、星野エリアにある「野鳥の森」に行ってみたら、
一気に春めいた風景が広がっていました。

木々が芽吹き始めたのはもちろん、草花も花開いています。


ヤマウグイスカグラ。
スイカズラ科ですけれど、「鶯神楽」という古風な名前がついています。


スミレや・・・


ミヤマエンレイソウ(たぶん)も咲いていました。


ドングリ池で産卵されたカエルの卵も孵っていました。
日当たりの良い場所には、オタマジャクシがうじゃうじゃ。


花が咲くと、虫たちも増えてきます。
ようやく季節が変わったなーと実感しました。

comments(0) : -

中軽井沢に「haluta」がオープン!


最近、お気に入りのパンです!

中軽井沢にオープンした新しいパン屋さん「haluta」のバゲット。
内側がもちっと柔らかめ。私好みです。

卵やカリカリベーコン、野菜をたくさん挟んでサンドイッチにしたり、
薄くスライスして、チーズと一緒にワインのお供にしたり・・・。
すっかり気に入ってしまって、GW中は何度も買いに出かけました。

 

お店の概観はこちら。
国道18号線沿い、八十二銀行の近くにあった古い民家が
北欧テイストのすてきなお店に変わりました。

店内の雰囲気もステキです。(お店のブログよりご覧下さい。)
元々は上田のパン屋さんで、店舗によっては家具や雑貨を扱っています。
軽井沢店はパンとスイーツの販売、イートインのスペース、雑貨が少し。
残念ながら家具は置いていませんが、「haluta」のコンセプトは伝わってきます。

中軽井沢エリアで、今まで我が家が利用してきたパン屋さんは、
ハルニレテラスの「沢村」、農協通りの「銀亭」の2つ。
たまにパンを買うツルヤも入れると、今後は4つになります。

うーん・・・パンを選ぶ前にパン屋さん選びで悩みそうです。

comments(0) : -

春の味覚、こごみ。

例年通り、GWは軽井沢で過ごしています。

この季節になると、スーパーには山菜がたくさん並びます。
そう言えば、去年も「山菜ざんまい」と書いてましたねー。

今日は、こごみをたくさん買ってきました。


こごみは、「草蘇鉄(クサソテツ)」というシダ類の若芽。

 

葉についた鱗片を取って、ざっと茹でているところ。
緑が一段と鮮やかになります。

くるくると巻いた部分は柔らかく、茎はシャキシャキと適度な歯ごたえ。
アクがなくて料理しやすい上、味にあまりクセが無いので、
うちでは、胡麻和えやおかか和え、天ぷらにして、よく食べています。

4月になっても寒い日が続き、お花見どころではない軽井沢ですが、
食卓にはちゃんと春が来ています。

comments(0) : -

「春の内臓祭り!」でした。

前日は、会社員時代の元同僚と飲んできました。

私がホルモン好きなので、題して「春の内臓祭り」。
いろんな人から「どこかのパン祭りかよ!」と突っ込まれましたが、
まあ、それはそれとして、会場は目黒の「ホルモン稲田」



祭りの始まる前。


鉄板の上はすぐにいっぱい。

しかし、写真を撮るタイミングが悪くて、
ジュージューした雰囲気をお伝えできないのが非常に残念・・・。

なので、正しい祭りの様子はこちらのブログにて!!
(よそのブログに誘導するな、と叱られそうですが。汗)


キラキラと輝くホルモンたち。堪能いたしました!

comments(2) : -

フランク・シナトラに酔う。


これも、最近流行りの「古典回帰」でしょうか。

元々、土岐麻子さんがカバーした「The Good Life」が大好きで、
普段から鼻歌まじりで歌っていたのですが、
原曲のフランク・シナトラがとっても良いのです。(当たり前ですが)

新しいものを受け入れるスペースが、自分の中で徐々に狭くなってきている。
そんな焦りを少々感じつつ、日々古くて良いもの探しは続いています。

comments(0) : -